露出計
カメラ初心者がレンジファインダーのCANON VL2やNikon D5000でもマニュアルフォーカスレンズを付けて遊んでます。

で、デジタルの方はその場で確認できるので何とかなるのですが、VL2の方は現像に出すまでちゃんと撮れているかわからない。

というわけで、露出計がほしくなり購入しました。

新品で買うと結構な値段がするので中古で物色。

値段につられて買ったのがこれ。

c0133769_73461.jpg




c0133769_742395.jpg


セコニック スタジオS。

なんと、発売は1957年。

ここのメーカーのすごいところはこんな年式の露出計の取説をHPで配布していること。
早速ダウンロードしてプリントアウトしてみました。

で、D5000で撮影したものと露出計の表示値を比べたところ、問題なさそう。

それにしても50年前の機械が現役で使用できるとはカメラの世界もすごい!
[PR]
by sr534r | 2010-02-07 07:05 | カメラ | Comments(2)
Commented by Photobra7 at 2010-02-07 07:10
>カメラの世界もすごい!
50年前の露出計を買うとこまであっという間!
貴方もすごい!w
Commented by sr534r at 2010-02-07 15:24
すごいのかどうなのか???・・・
腕も知識もないまま暴走中。

今度は初心者らしく、AF-Sの35mmを買えるようにお金貯めますw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ビルのまち~にガオ~~~ CANON VL2 >>